ロゴ

的確な治療を受けて下肢静脈瘤を治そう【様々な治療方法】

脳

脳梗塞になったら早期治療が鍵【後遺症を残さないコツ】

脳梗塞は、高血圧やコレステロールなど血管が詰まっておこる病気です。自分で毎日血圧を管理したりコレステロール値など病院に定期的に検査をして脳梗塞にならないようにすることまた、なってしまったら早めに治療することです

和食

糖尿病の食事では栄養のバランスをしっかりと確認しよう

糖尿病の食事は、低カロリーで栄養価の高い献立を選んで、一日に3食きちんと食べることが大事です。朝食を抜いてしまうと、お昼や夜の食事量が増える原因になるため、食事の回数を減らすのは避けて下さい。

脚

下肢静脈瘤は女性が発症しやすい【的確な対処が必要】

下肢静脈瘤は、良性の病気と言われます。立ち仕事の女性に多い病気で、年齢を重ねることで更なる発症率が上がります。当面の防止策としてキツメのソックスなどを履くことが良いとされています。

脚

脚の疲れが顕著なら下肢静脈瘤チェックをしよう!

下肢静脈瘤は、手術や薬剤の投入、レーザー治療で治せるので、治療を行っている医療施設で診てもらいましょう。脚の疲れが顕著に出る方、また、皮膚表面にクモの巣上の模様や血管の盛り上がりが見られる方は受診をおすすめします。

下肢静脈瘤の症状に気が付いたら早めに治療しよう

医療

脚の疲れが酷い、脚の血管が蜘蛛の巣状に目立っている、静脈が膨れ上がって目立つといった症状に悩んでいるなら、下肢静脈瘤を疑ってみた方が良いでしょう。下肢静脈瘤は、女性に多くみられる症状として認識されてきましたが、最近では男性でも発症することが判明しています。発症する人は、基本的に立ち仕事で足の静脈の血流が停滞しやすいという特徴があります。脚の血管にある弁が不具合を起こすことが原因であり、下肢静脈瘤を解消するには病院での本格的な治療が必要です。症状が重たい場合には、血管を取り除くストリッピング手術や薬剤を注入する硬化療法などが行なわれます。また、レーザー治療も時間がかからないとして人気です。症状によって最適とされる治療が異なるため、まずは医師に診断してもらうのがベストです。怪しい症状がある段階で診察を受ければ、治療も短期間で済ませられる可能性が高まります。下肢静脈瘤の進行を放置すると、歩行困難状態に陥る危険性もあるので、放置はせずに専門医の診察を受けるようにしましょう。

Review

診察室

便利な夜間診療を受診しよう【利用者からの口コミ】

人間は夜に具合が悪くなることが多いですが、昼間しか診療してくれない病院では自宅で耐えることになってしまいます。浦安の夜間診療を利用すれば、仕事の後に病院に行くことも可能ですから安心です。

カウンセリング

糖尿病の治療方法について【患者の声をまとめました】

小岩にある糖尿病専門のクリニックでは様々な治療法を提案しています。その人に合う方法を提案してくれるので、無理のない生活を送ることができます。症状が悪化しないようにすることが大切です。

[PR]
池袋にある内科医院を受診しよう
身体の不調をしっかり解消☆