ロゴ
HOME>Column>脳梗塞になったら早期治療が鍵【後遺症を残さないコツ】

脳梗塞になったら早期治療が鍵【後遺症を残さないコツ】

脳

脳血管が詰まる病気

脳梗塞には、脳の血管に問題があっておこる脳梗塞と心臓病が原因で起こる脳梗塞の2つに分かれています。今、1番多い脳梗塞は高血圧が原因で発症する心臓病がもとになっているものが1番多いと言われています。心臓病が原因として起こるもののほとんどは、高血圧によっての動脈硬化が原因によっておこると言われています。高血圧によって血管が狭くなって血流が途絶えてしまって詰まってしまいます。脳の血管が原因で起こる脳梗塞の原因として、脳の太い血管の起こった動脈硬化です。糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣が原因で起こりやすくなります。どちらの治療も発見や処置が早ければ後遺症が少ないことが多いので、おかしいなと感じたらすぐに病院に行くことが大切です。

レントゲン

生活習慣の改善

脳梗塞にかかりやすいタイプとしては、高血圧・血糖値・コレステロールが高い人や肥満やタバコを吸い・お酒を大量に飲むなど生活習慣で起こることが多いです。また、年齢が上がれば上がるほどかかりやすい要因が増えます。逆に言うと、この危険因子を少しでも減らすとかかりにくくなるので、高血圧やコレステロールは努力をすると変えられるので日ごろの生活習慣の改善が必要になってきます。また、早期発見・早期治療が大切になってくるので、少しでもおかしいと感じたら病院に行くことです。また、日ごろから自分の血圧などを管理して、あまり下がらないようでしたら病院に定期的に通って血圧の薬を飲んでコントロールするなど自分でしっかり自分の体の管理が大切になります。